ハンター紀行 お勉強
FC2ブログ

慰霊の日 6/23- 沖縄

2006.06.23 (Fri)
戦後61年平和胸に/慰霊の日 -沖縄タイムス

  「慰霊の日」の二十三日、県主催の沖縄全戦没者
  追悼式が、糸満市摩文仁の平和祈念公園で開かれた。
  県内外から約四千五百人の遺族らが参列。
  六十一年前の悲惨な戦争で命を失った二十万人余の
  み霊に祈りをささげた。
  小泉純一郎首相は昨年に続き参列した。


まず「慰霊の日」6/23に沖縄の戦闘は終結していない。23日は沖縄戦の司令官であった陸軍司令官牛島満大将をはじめとした司令部が自決した日ということに起因して(本当は22日という話らしい)、それが第32軍の行っていた組織的戦闘の終結をもたらしたことをもって、さらに本土の安保ディが23日ということにかぶせたためという意見も。

司令部の壊滅を知らずに生き残っていた小部隊は9月7日に降伏文書への調印が行なわれるまで戦闘を続け、死傷者を出していたという。
つまり本当の戦闘終結はこの9月7日であると言われているが、この日は「市民平和の日」と制定されている。


  本年新たに五百八十八人の戦没者が刻銘される
  「平和の礎」。国籍を問わず約二十三万人を刻んだ礎では、
  多くの人々が失った肉親や友人の名前を指でなぞり、
  花や線香を手向けていた。


沖縄戦では二十数万人が戦死したと言われている。どうやって推定したのか知って私は唖然とした。戦前の人口引くことの戦後の人口である。 -極東ブログ

finalvent氏によれば沖縄戦の戦闘資料がほとんど見当たらないだけか、未だに遺骨のすら拾われていない地域もあるとのこと。
それを思ったら今朝みのもんたと共に出ていたニュースを思い出したので流れでソースを引っ張り出してみた。


沖縄返還「密約」/“身内”証言、政府追い込む

  政府がひた隠しにしてきた沖縄返還の「密約」を、
  対米交渉の中枢にいた吉野文六・元アメリカ局長
  (87)が政府関係者として初めて認めた。

  「協定の中身を明らかにしなかった政府の姿勢が、
  今の沖縄問題を解決困難にしていることを考えれば、
  現役の議員は心して政府を追及しなければならない。


これは2006/2/9の記事だが、こういったことが明るみになるにつれて沖縄戦の情報開示に関しても何かしらの政府の意向があるのではないかと勘ぐってしまう。
そして戦死者に関してなぞめいた言葉を見て目が離せなかった。


  私はたぶん、その真相を知っているが、ここには書かない。
  「平和の礎」に行って調べれば誰でもわかる。

  沖縄戦は知れば知るほどわからなくなる。-finalvent

沖縄に行ったら是非に調べてみようと思う。
【沖縄と4/28】-ハンター紀行
スポンサーサイト
【編集】 |  23:14 |  お勉強  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

国旗・国歌問題-日章旗、君が代のこと

2006.05.31 (Wed)
君が代判決 教育に刑罰は似合わぬ -朝日新聞社説5/31

  しかし、教育のプロである教育委員会や高校が、
  学校で起こった問題をすぐに捜査機関に委ねよう
  というのは安易ではないか。そうした教える側の
  態度は、生徒の目にはどう映るだろう。


最近頻繁に起きているように思える殺人行為などを伴った学校への侵入者事件を考えれば妥当な動き方だったと思ってしまう。逆恨みでこの元教員が今後エスカレートすることも考えられるし。

君が代や日の丸拒否の問題は僕が中学終わりから高校の頃に身近に認識した記憶がある。テレビでも着席したままで卒業式を過ごすなど流れていたし、先輩の卒業式前など友人間で「お前君が代のとき座る?おれどうしようかな、やったら恥ずかしいかもな」とか話していて、実際は国歌斉唱起立!の声がかかって中腰→歌が始まりだしたら起立、というなんとも中途半端なことをしたものだった。それも特に明確な意思表示の根拠があるわけでもなく「単に人と違ったことをしたらかっこいいかな」とか、「やっぱみんな普通に歌いだしたからやばいし恥ずかしいな」って程度のことだった。何人か座ったままも見かけたけど、正直どんな問題なのかは興味が無かった。

もしあの時意味が分からなくても座ったままで、しかもその態度に拍手など起こる場が形成されてたとでもしたら、かっこつけたまままっすぐにそっち方向に傾いてしまったのだろうか、とふと思う。
子供なんてそんなものがほとんどの行動の動機を構成してしまうほど脆いものだと思うし、まして大人が考えて思想で塗り固めてしまうこともたやすいだろう。

でも今になると何も知らなくて何もしなくて良かったと思える。国旗や国歌問題をあまりたいしたものだと思っていないのかもしれない。

オリンピック、WBC、W杯と続くが、国旗や国歌に言及する声が聞こえない。個人的には日の丸が掲げられるとがんばっている日本を誇らしく思い、戦争の悲劇を想起することはなかった。過去を知らないというだけか?世間では問題が起こっている風でもないし視聴率も高い。マスコミ規制かけられてるようでもなさそうだし、なんで学校ばかりなんだろうという疑問も単なるパフォーマンスでありつつ子供への擦り込み、とかで説明できちゃったりするんだろうか?よく分からない。


国旗及び国歌に関する法律-Wikipedia

  1996年頃から、公立学校の教育現場において、
  当時の文部省の指導で、日章旗(日の丸)の
  掲揚と同時に、君が代の斉唱が事実上、義務
  づけられるようになった。

  1999年8月9日午後の参議院本会議で、自民、
  自由、公明三党及び民主党のうち20名による
  賛成多数で可決、成立した。
  同年8月13日に公布、施行。


  
こんなのもあった。

「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題? (産経新聞)- 5月29日

替え歌の題名は「KISS ME(私にキスして)」。
■「君が代」の替え歌 歌詞と訳
 【詞】
 Kiss me, girl, your old one.
 Till you’re near, it is years till 
 you’re near. Sounds of the dead will 
 she know?
 She wants all told, now retained,for, 
 cold caves know the moon’s seeing 
 the mad and dead.
 【訳】
 私にキスしておくれ、少女よ、このおばあちゃんに。
 おまえがそばに来てくれるまで、何年もかかったよ、
 そばに来てくれるまで。
 死者たちの声を知ってくれるのかい。
 すべてが語られ、今、心にとどめておくことを望んで
 くれるんだね。
 だって、そうだよね。冷たい洞窟(どうくつ)は知っ
 ているんだからね。
 お月さまは、気がふれて死んでいった者たちのことを
 ずっと見てるってことを。


君が代-Wikipedia

日章旗-Wikipedia

  第二次世界大戦でアジア各地に日章旗が翻ったこと
  を理由に、東アジア、特に中国・韓国などを中心に
  日章旗に対する嫌悪感が示されることがある。

  戦後の日本国内においても、いわゆる革新・左翼勢
  力(主に日本教職員組合)などからは日章旗への反発
  が根強くあり、日章旗の存続是非に関する議論が長
  い間なされてきた。

  その一方で、戦後の米軍統治下
  の沖縄では、左派、右派を問わず、日章旗が祖国復
  帰を求める県民のナショナリズムの象徴として扱わ
  れてもいた。


いろいろあったんだね、
でとりあえず終えとく。

【編集】 |  15:34 |  お勉強  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

靖国問題(2)

2006.05.25 (Thu)
韓国人遺族らの靖国合祀取りやめ請求、東京地裁が棄却

  原告 第2次世界大戦中、旧日本軍の
  軍人や軍属として戦死した韓国人が靖
  国神社に祭られているのは、遺族の意
  向を無視した行為で憲法に違反するな
  どとして

  判旨 「合祀の判断や決定は靖国神社
  が行っていたもの。国と神社が一体と
  なって戦没者を合祀したとは言えない」


(引用)そもそも靖国神社本殿に祀られている「祭神」は神話に登場する神や天皇などではなく、「日本の為に命を捧げた」戦没者、英霊(英でた霊)であり、246万6532柱(2004年10月17日現在)が祀られている。国籍は日本国民及び死亡時に日本国民であった人(戦前の台湾・朝鮮半島などの出身者)に限られている。そして被祀者の遺骨・位牌などはなく、霊璽簿に氏名を記入し、合祀祭を行うことで、「御霊(みたま)」を招来して祀っている。祭神であるという理由から「柱(はしら)」という単位で数える。
なお合祀に関しては、本人・遺族の意向は基本的に考慮されておらず、神社側の判断のみで行われている。

さらに
(引用)単一宗教法人であり、神社本庁には加盟していない単立神社である。
(引用)年間予算は20億円を越えるが、全て戦没者遺族、戦友などからの奉納金などで維持・運営されている。これは戦前も同様であり、国家からは全ての神社に与えられた名目的な補助金以外に金銭的支援はなかった。

という事柄を踏まえて、
まず靖国神社の独立性から国への慰謝料請求が出来なくなっていること、遺骨や位牌を靖国神社から取り戻すことはできないことが挙げられます。今回の判旨の導きとなる源流ですね。


さらに(引用)近年の例では2001年6月29日に起こった裁判でも、靖国神社の立場としては、いったん合祀した霊魂は一体不可分となるので特定の霊のみを廃祀することは不可能であり、分祀しても元々の社殿から消えはしないので無意味であると主張し、これに応じていない。

とあるように、「合祀によって魂がひとかたまりとなったものをまた分けて戻すなんて不可能ですよ」と理屈も付けていたんですね。この宗教観念は国家神道に由来しているようです。 

ただ難しいところなんですが、遺族側としては(引用)「親族の意に反した合祀は日本によるアジア侵略の象徴である」
なんですが一方日本国内では(引用)「英霊として日本人と分け隔てなく祀ることは日本だけでなく台湾や韓国の元軍人軍属への最大級の敬意の現れであり、日本の台湾や韓国における統治政策が欧州各国による東南アジア植民地政策とは一線を画していたことを示すものだ」
という考え方の行き違いがあるので、今後どのように和解への道を切り開けるかがポイントとなるのでしょう。

しかし、(引用)合祀しなかった場合、日本人は台湾・韓国人元軍人軍属を平等に扱わなかったと別の面で批判された可能性も指摘されている。
という考え方もあるので、一概に合祀が問題ということでもなさそうです。単に煽っている人たちも居るのかもしれませんね。

最後に、
(引用)国家管理に戻そうという国内の動きもあるが、(引用)現在の神社形式、神道による祭祀を維持する以上、憲法の「政教分離」に反するという意見が多く、法制化のためには何らかの「非宗教化」が必要になるとされる。
という点も課題として挙がっています。

まあまだまだほかの立場の歴史認識もあるようなので、とりあえず見た中でまとめ終わりとしたいと思います。
【編集】 |  13:59 |  お勉強  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

靖国問題(1)

2006.05.25 (Thu)
靖国神社参拝問題はアジア外交上必ず取り上げられる課題であり、今後も何かのたびにメディアで出てくるので、まだこのことが良く分からない人と一緒に学んでいこうかと思ってます。(めんどい人は飛ばしてちょ)

日中外相会談 ともに「靖国」譲らず

約1年ぶりに行われた日中外相会談ではあったもののなんとなく前向きに展開して行ったような感触を記事から汲み取れる。という中でこの点に注目。

  ▽靖国神社参拝

  李氏 A級戦犯の祭られる靖国神社を
  日本の指導者が参拝することは戦争被
  害国の人民の気持ちを傷つける。政治
  的な障害になっていることに配慮して
  ほしい。

  麻生氏 参拝は心の問題だ
  私は個人の心情と公的の立場
  を考えて適切に判断する。

それで今回はどうだったかというと今までお互いが主張してたことの確認状態で終わっています。簡単に言えば、

中国「うちの国民が怒るから小泉首相に靖国神社参拝止めさせろ!」
日本「まあそれはうち(内政)の問題だから話だけは聞いとく」

てな感じですかね。
でも国の代表が日程決めてまで行っている会合なのに、お互いの主張が一方通行のままで何年も繰り返していてなぜ平気(でもなさそうだけど)でそのまま帰ってこれるのか?
普通企業間の会議でも何回か繰り返す内に何らかの進展や雛形を作ってそれぞれの会社に戻って検討するわけですよ。特に中国のような大国からの圧力的な、たまに小泉首相が言っている「内政干渉」に近い発言をなぜ日本はかわし続けていられるのか、またその根拠とは?


これは1952年(昭和27年)4月28日に発効したサンフランシスコ平和(講和)条約

  第二次世界大戦におけるアメリカ合衆国
  をはじめとする連合国の諸国と日本国と
  の間の戦争状態を終結させるため、両者 
  の間で締結された平和条約。



の第25条、第21条の規定、および第11条の除外の解釈により、中国・韓国が、東京裁判、そしてその裁判ないし判決の結果について干渉する権利はないとする主張があることによるという。


という尻切れトンボで止めておこう。てかここは条文とか読まないとホント理解するまで長いです。というか靖国問題調べてるとキリがないんです。
また何か問題出てきたら調べたことをぼつぼつ置いていきますので付き合える方は読んでみてください。

もう寝よ。
"c(-。-,,)c)~"

【編集】 |  00:46 |  お勉強  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
 | HOME |