ハンター紀行 カッコいい大富豪になるには

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

カッコいい大富豪になるには

2006.06.26 (Mon)
世界2位の富豪、4兆円超寄付 ゲイツ氏の財団などへ

  世界第2位の富豪とされる米投資家
  ウォーレン・バフェット
  (75)は25日、同1位のビル・ゲイツ・マイクロソフト会
  長の夫妻による慈善財団などに合計で約370億ドル(約4兆
  3000億円)分の株式を寄付すると発表した。個人資産の約
  85%にあたるとみられ、ロイター通信によると米国の寄付金
  額の記録としては過去最高となる。


大金持ちは必ずと言っていいほど慈善活動を行っている。慈善活動にも2つの性格があって、1つは純粋なボランティア精神で世界の暗闇に光を当てるもの。もうひとつは財力を注ぎ込む見返りを計算ずくで、財力以上の権力を築くさらなる欲望のためとが考えられる。

この記事を読んで素直に ウォーレン・バフェット氏は前者だと納得した。それは世界最大の基金設立で両氏とも文句なく世界1,2位のお金持ちなのでもう誰かに勝つ必要がないこと、もともと彼とビル・ゲイツは家族ぐるみの仲で、しかも彼の寄付する先ビル&メリンダゲイツ財団(Bill & Melinda Gates Foundation)は過去の因縁を振り払うために本気で取り組んでいるに違いないと感じていたのでそういった絆による資金提供だと僕は思っている。
しかもこの基金への提供はゲイツ夫妻のどちらかが生きていないと行われない契約となっているらしく、完全に友情でつながっているものと考えさせられてしまう。

この財団は元々はメリンダ・ゲイツ夫人が財産管理を行っており、寄付をする際の検査は厳格に調査していると公表している。彼女は「世界で最も影響力のある女性100人」の第10位にも選ばれた(2005/7/28)。

まあ僕もいつかはこんなカッコいい事やってみたいですね。ちびちび奢ってってるくらいじゃとても人間として大成できないだろうなぁ。
さて、まず大金持ちにならなくては。
(。・x・)ゝ


(参考)
『ゲイツ基金』は3兆円超

ゲイツ氏の「引き際」はMS復活ののろし?
スポンサーサイト
【編集】 |  23:49 |  【狩】ニュース  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。