ハンター紀行 前半 イングランド 0 × 0ポルトガル

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

前半 イングランド 0 × 0ポルトガル

2006.07.02 (Sun)
喩えるなら、いままでの試合が剣道の達人同士が対峙したとすると、居合切りの達人同士が真剣で切り結ぶ瞬間を見合っているといった感じ。それほど両チームレベルの高い試合内容だ。

クリスティアーノ・ロナウドの切込みが凄い。
それに負けじとフランク・ランパード、スティーヴン・ジェラードが切り返した後、飛び込むウェイン・ルーニー!

ただ心配なのはベッカムのキック精度が少々悪い点。
まあ前回もアナウンサーがそんなこと言ってた矢先に芸術的なFKを決めてくれたんでこれからエンジンかかるんでしょう。

ちょっとのミスも許さないゲーム展開なんで、なんか自然に体がこわばる自分がいる。
(σ ̄ー ̄)σ

スポンサーサイト
【編集】 |  01:01 |  FIFAワールドカップ2006  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

コメント

 ルーニー一発レッドだし!?
 えぇええ!?
 ・・・とりあえず見ているらしい人に語りたかっただけです。
 お邪魔しました。
 
ゆう |  2006.07.02(日) 01:24 | URL | 【コメント編集】
>ゆうさん どもです。
結果がショックでやっとブログにたどり着いたところです(笑)。
イングランドはこの“一人の愚か者”を因縁としてめぐっていることのが、伝統の重みを感じてしまう所以になりそうです(;´Д`)。 
ジン |  2006.07.02(日) 15:15 | URL | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。