ハンター紀行 オーラの泉 前田 日明(あきら)

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

オーラの泉 前田 日明(あきら)

2006.09.14 (Thu)
前田日明 -Wikipedia

昨晩の内容はオカルトファンにはたまらないんでしょうね。

 やれ将校の団体が取り付いて聞く耳持たないとか、
 生まれた頃の記憶があるとか、
 江原さんが終始つらそうな表情を浮かべてたとか、
 富士山の5合目で龍と鳳凰を見て写真も取ったとか、
 前田、美輪、江原は前世でも出会っているとか、
 前田は前世が中国の皇子だとか、
 戦国時代の武将とか、
 国宝級のものだとしても刀を集めるのはよくない捨てろとか、
 三島由紀夫氏が縁あってここに連れてきただとか、
 もう戦いの人生はやめるべきとか、
 将来は仏道を実践し和の道を目指せとか、
 国分君が3回しかしゃべれないくらい緊張した回だったとか。

まあ箇条書きにしてみても非常に内容の濃かった回だということがお分かりいただけると思います。
ただ僕は2つ妙に心に突き刺さりました。

美輪:自分すら救えない者が如何に他人を助けられるというのか!

これは団体で取り付いているという将校の未浄化霊に対して言い放ったようですが、まさにこれは今生きている人々にもど真ん中ストライクで響く言葉でしょう。
まず自らを正すことに目を向けなければならない時にいろんな言い訳を作って自分のなすべきことを避けて通ろうとする、所詮いつかは通らなければならない道なのに。
そういう意味で自分では捉えて深く反省した次第です。

美輪:仏教でもキリスト教でもムスリムでもヒンズーでもとにかくそれぞれの経典などを読み漁ってみるのもいいけど、そこに自分で共感できることをすくっていって実践に移すべきときなのよ。

とかく人は知識だけを求め、それに慢心してしまい本来の目的である実践にまで思いつかないことが多いと思います。僕もこれからは得た知識を活かせるように実生活に取り入れてみるべきではないのか?と行動し始めてみてます。

それは以前ゲストに出てきたベッキーさんの回で、彼女は毎日欠かさず朝仕事に向かう前に、自分の親族、友人、知人すべての自分が知りうる方々への感謝の気持ちを20分くらいかけて祈るということをおっしゃってたのですが、実は僕もそれを真似て仕事などに向かうときにずっと実行し続けていました。
ほぼ毎日行ってきたんですが、忘れてたりたまにめんどくさくなって簡単に済ませてしまうこともあります。
でも今度は祈るだけでなく、感謝の念を実際に形に現すよう意識して行動できるかを自分に問うてきたいとおもいました。

何事も未来は変えられるという思いが大事なんでしょうね。

スポンサーサイト
【編集】 |  14:26 |  【狩】オカルト(occult)=「隠された物」(ラテン語)  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。