ハンター紀行 小さな政府移行への足音?

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

小さな政府移行への足音?

2006.09.22 (Fri)
自治体ランキング時代到来 市場の評価、金利に反映 -ASAHI.com

  自治体の財政力が、市場に評価される時代が始まった。
  都道府県や政令指定市が投資家らに発行する「市場公募
  債」に9月から、市場原理が導入されたためだ。横並び
  だった公募債の金利に差が出始め、市場によるランキン
  グ化に自治体は戦々恐々としている。


ちょっとこの国の行く末を見守ってみる態度でメモ的に取り上げてみました。以前から大変勉強させていただいているブログに過去指摘もされていましたもので。

東京都も倒産する・・・・  -ぐっちーさんのブログ

  いざとなった時に日本政府が地方自治体(都道府県と言
  い換えても良い)の債務を保証をするという文言はどこ
  をたたいても出て来ない。まして債券の発行目論見書を
  みても書いて無い。

  面倒を見るとは書いてあるんですよ、確かに。難しい用
  語で最大限の誠意をもって、とかそういうやつですな。
  但し、債務を保証するとはどーーーーこにも書いて無い
  んです。


怖いですね、このままでは北海道夕張市を皮切りに、大阪等次々と倒産していくという阿鼻叫喚の絵図が敷かれていくのでしょうか?
と、なるまえに安倍新総裁が言ってた道州制の導入により各都道府県を纏め上げてなんとか破綻だけは避けるというように持って行くんでしょうか。

まあ債権とかど素人なんで勉強しながら時事は追ってみようかと。

スポンサーサイト
【編集】 |  14:00 |  【狩】ニュース  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。