ハンター紀行 プロ野球 日本ハム44年ぶりの日本一

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

プロ野球 日本ハム44年ぶりの日本一

2006.10.27 (Fri)
7月に無理して東京ドームへ日ハム戦見に行って新庄の生プレー見ておいて本当によかった。
もともと新庄だけは追っていたんで自分のことのようにうれしい。


SHINJO -新庄剛志- -ハンター紀行2006/5/1

日本一になった試合をリアルタイムで見れたことに感謝。
いい記事をみつけたので要点をまとめようとしたけど、削るところなんて無かったのでそのまま添付。


新庄涙の日本一!27日引退会見  -スポニチ

  【日本ハム4-1中日】さよならSHINJO、そして
  ありがとう。日本ハムが26日、日本シリーズ第5戦で
  中日を破り、4勝1敗で前身の東映時代以来44年ぶり
  の日本一に輝いた。今季限りで現役引退を表明していた
  新庄剛志外野手(34)は、涙のフルスイングで超満員
  の地元ファンに別れを告げた。ナインの手で4度宙に舞い、
  プロ生活17年間を最高のフィナーレで飾った新庄は27日、
  札幌ドームで引退会見を行う。

  涙が止まらなかった。新庄がウイニングボールをつかんだ
  森本と1つになった。七色の紙テープが左中間の2人を
  包み込む。プロ17年間のすべてが終わった。弟分の左肩に
  顔を伏せ、新庄の号泣は止まらなかった。

  マウンド上で人さし指を突き立てたナインの輪も外野へ向か
  った。まさに新庄のためにあった日本シリーズ。誰よりも真
  っ先に二塁後方で4度、宙を舞った。

  「(強運を)持ってるわ、オレ。ほんと、この漫画みたいな
  ストーリー。出来すぎって思いません?今後、体に気をつけ
  たいと思います」

  涙が乾いた記者会見ではすがすがしい笑顔を浮かべて笑いを
  誘った。

  前日、自打球を当てた左ひざは大きく腫れていた。1―1の
  6回1死三塁からセギノールの勝ち越し2ランに「凄い」と
  声を張り上げて稲葉と抱擁。直後の打席では二遊間の打球に
  全力疾走。内野安打にして両手を広げて万歳した。

  「この仲間とできなくなるという気持ちが強くて、7回くら
  いからボール見えなかった」

  8回、現役最後の打席。涙でボールはかすんだ。初球を見逃し。
  マスク越しに中日・谷繁が「泣くな、真っすぐしか投げないから」
  とつぶやいた。体がねじれるほど振った。こん身のフルスイ
  ングこそが、新庄が新庄である“証”だった。空振り三振。
  
  最後までらしさを失わなかった姿に、万雷の拍手は1分近く
  鳴りやまなかった。

  今季の新庄は一挙手一投足がまさに「遺言」だった。投手が
  打たれて沈痛な顔を見せれば「誰も悲しんどらんよ」、高橋
  や稲田ら知名度は低くとも明るい野手には「もっと素を出し
  ていけ」。かつて身近にいてほしいと感じた経験あるベテラ
  ンを自ら演じ、強いきずなで結ばれた集団をつくり上げた。

  「(小学)2年生から34年生までやった」野球人生の劇的
  フィナーレ。阪神入団1年目、地元福岡・平和台で行われた
  2軍戦は先発落ち。出番は来たが、ネームボードはペンキが
  垂れて読めなかった。00年オフ、FAでメジャー最低保証
  額の年俸20万ドルでメッツ入り。夢を追い、海を渡ってま
  で足りなかったものを積み上げた。

  17歳の時に7000円で購入したグラブを今まで使い続けて
  きた
。踏まれて破れ、相手につかみかかったこともある。阪神
  のマークと当時の背番号「63」が縫い込まれた黒ずんだグラ
  ブは、補修と毎日の手入れを繰り返し守備力が生命線の新庄を
  支え続けた。そのグラブ、大腿部に腰、アキレス腱と満身創い
  の体を休ませる時がきた。日米野球を辞退、アジアシリーズに
  も出場しない。ヒルマン監督は「これ以上一緒にプレーできな
  いのは残念。でも最高の形でグラウンドを去っていける」と別
  れを惜しんだ。

  4万2030の観衆、そしてブラウン管越しに日本中のファン
  が背番号1の雄姿を脳裏に焼き付けた。

  「きょうが最高の思い出になります。背番号1?ひちょりにつ
  けてもらいたい。僕の気持ちはそうです」

  通算打率・254は平凡かもしれない。でも“凡人”とは対極
  にいたプロ人生17年間。あの時と同じように、スコアボード
  の名前がにじんで見えたのは涙のせい。永遠に色あせることの
  ない強烈な記憶を残して、新庄が野球人生の幕を引いた。

〔マスク越しに中日・谷繁が「泣くな、真っすぐしか投げないから」  とつぶやいた。体がねじれるほど振った。〕

今年の日本シリーズはこの話だけで語りつくせる。
ありがとう SHINJO! 
スポンサーサイト
【編集】 |  13:20 |  【狩】ニュース  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。