ハンター紀行 充電か、あるいは嵐が過ぎようとしているのかは..

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

充電か、あるいは嵐が過ぎようとしているのかは..

2007.03.12 (Mon)
ヨブ物語 16 -因果応報では説明できない-

  因果応報では説明できない苦難の問題というのは、確かに存在
  します。たとえば『ヨハネによる福音書』9章に出てくる生まれ
  つきの盲人もそうです。弟子たちは、「先生、彼が生まれつき
  盲人であるのは誰の罪ですか。本人でしょうか。それとも親の
  罪が子に報いられたのでしょうか」と聞きます。ところが、イ
  エス様は「本人の罪でも、親の罪でもない。神の業が現れるた
  めである」とお答えになったのでした。

  ここで、イエス様は苦難の「原因」ではなく「目的」を問題に
  されています。「なぜ、こうなったのか」ではなく、「こうな
  ったのは何のためなのか」とお答えになったのです。このよう
  に苦難には、誰が悪いということを追及できないものがあるの
  です。しかし、そういう苦難であっても必ず意味や目的がある
  のだということを教えてくださったのが、「神の業が現れるた
  めである」というイエス様のお答えなのでした。



第二十九則 非風非幡

  風が寺の旗を鳴らしていた。一人の僧が旗が動く、と言い、
  他の一人の僧が風が動く、と言い合っていた。和尚が「風が
  動くのではない、旗が動くのではない、貴方の心が動くのだ」
  と言った。二人の僧は畏れ入った。

  無門和尚の解説:これは風が動くのではない、旗が動くのでは
  ない、心が動くのでもない。もしここがぴたりと説明出来るの
  なら、この僧たちが鉄を買って金を得たことが分かるであろう。
  この和尚も黙って笑っていることができず、恥をかいてしまった。



世の中めんどくさいことばかりだけど、全ては自分が受け止める事象でしかない。そして自分で解けない問題は実は無いのかもしれない。
いやになって投げ出したくなっても、それでも毎年春はくる。

さてそろそろブログ再開してみるかな。
スポンサーサイト
【編集】 |  02:00 |  【狩】独り言  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑

コメント

私の友人が事故で亡くなりました。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070402k0000m040038000c.html
神の御業、神の目的とは何ですか。
それは私たちのためにあるものですか、それとも彼のためにあるものだったのですか、それとも事故を起こした者にですか。
その全てがそうであったとして、そのそれぞれに果たして必要であったのですか。
それは輪廻転生、私たちは授かり、受け続けるものとして考えていくべきなのですか。
ジャッカル |  2007.04.03(火) 01:18 | URL | 【コメント編集】
>ジャッカル さん、ども。
僕も昨年祖母を交通事故で亡くしておりますが、とにかくいろいろ考えさせられることにもなり、また当事者だけでなく様々な人間に影響があることを肌で感じました(被害者側だけでなく、加害者側も一緒に不幸を共有していると感じる時期が続きました)。そのことだけでも自分の人生観の変化や影響の深さなど、たとえ世間から見たらちっぽけに思えても無視できない何か意味があることなのだと想い、またそのように理解しようと勤めることにより、気持ちも落ち着いていったように思われます。
僕には神の目的(そもそも神の存在すら)など知る由もありませんが、僕らは意味があるようにする為に努力することはできます。
ジャッカルさんが友人の死を前にして、今までご自身の人生とは全く無縁であったであろうこのブログにコメントを残してくださったように、心が無意識的に何かを乗り越えようと行動していることが既にそうであるように、結局、人間の考える要不要の価値観では計れない/分からないものならただの受け身ではなく、せめてそれを受け取った者が意味の或るものに昇華していくべき努力しかないかと僕は考えています。
この小さな枠の出会いがジャッカルさんにとって有益に、あるいは無益であろうとも、そこに何かしらの御業は既に現れているのかもしれません。
ジン |  2007.04.03(火) 22:36 | URL | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。